お子さんの歯並びを治すうえで大切なこととは?

お子さんの歯並びを治すうえで大切なこととは?

可愛いお子さんの歯並びがガタガタしていたり、出っ歯や受け口だととても心配になることと思います。お子さんの歯並びや不正咬合は、早期に矯正治療を開始することで改善が見込めますが、矯正装置だけに頼っていては良い結果は生まれません。

お子さんの矯正治療を行う上で大切なこととはいったい何でしょうか。

 

こんな癖が、お子さんの歯並びを乱します

ガタガタの歯並び、出っ歯、受け口、オープンバイトなど、まだ小さいうちからこのような兆候が見られる場合、早期に治療が必要になります。そのためには、まず歯並びが悪い原因を見つけ出す必要があります。

お子さんの歯並びの乱れや不正咬合の多くは骨格などの遺伝によるものです。しかし、出っ歯やオープンバイトになる原因の中には、長期の指しゃぶりや爪を噛む癖など、日常の悪い習慣が原因の場合もあります。

またお子さんによく見られる口呼吸も、歯並びを乱す原因のひとつと考えられています。

毎日の食事も、顎の骨の発達に深く関わります。前歯を使ってしっかりと噛み切るものや、奥歯でよく噛まないといけないものを積極的に食べるお子さんは、自然と顎を鍛えられていきます。

しかし、最近はファストフードに代表されるような柔らかいもの、あまり噛まなくても良いものが主流となりつつあるため、どうしても顎が未発達になりがちです。

その結果、顎が小さく狭く、永久歯がきちんと並び辛くなって歯並びが乱れるのです。

矯正装置だけに頼らないことが大切

お子さんの歯並びを改善させるための矯正治療を小児矯正と呼び、主に顎の骨を成長させて広げることを目的としています。顎の骨が成長すると永久歯が並ぶスペースが確保され、抜歯せずに済む可能性が高くなります。

この小児矯正は取り外し式のプレートを使う「床矯正」と呼ばれる方法です。毎日装着して食事と歯磨きの時だけ外すため、日常生活に大きな支障はありません。

しかし、矯正装置を付けることがお子さんの歯並びの改善に繋がるわけではありません。大切なことは、お子さんの悪癖をなくすこと、ご家庭での食生活の内容を見直すことが必要となってきます。

もちろん、矯正用のプレートを付けることで物理的な面では改善できます。しかし、歯並びが悪くなった原因の根本を正さないことには良い結果は生まれにくいのです。

 

毎日の生活で、お子さんの歯並びの改善をサポートしてあげましょう

まだ小さなお子さんにとって矯正知慮はイヤかもしれません。学校で矯正プレートを外すのが恥ずかしいかもしれません。しかしお子さんのキレイな歯並びは、成人してからそのありがたみを実感されることと思います。

大切なお子さんの歯並びと噛み合わせを治すためには、矯正治療と日常の生活のサポートが必要です。矯正装置頼みだけではなく、悪癖を治す、食事面を気を付けるなど、日常生活からサポートしてあげましょう。

 

当院の小児矯正についてはこちら 桑名駅より徒歩5分 星野歯科医院