ホワイトニングを歯科医院で受けたほうが良い理由とは?

歯を真っ白に美しく仕上げる「ホワイトニング」という文字は、様々なところで目にするのではないかと思います。以前に比べ、口元の審美志向が重要視されるようになった今、ホワイトニングに魅力を感じている方も多いと思いますが、ホワイトニングは歯科医院で受けることがベストです。今回は、ホワイトニングは歯科医院で受けたほうが良い理由についてお話をいたします。

ホワイトニング歯磨き、ホワイトニングサロン・・・いったいどの方法が良いの?

「歯を白くする」という意味を持つホワイトニングですが、ホワイトニングと記載がある歯磨き剤、安く施術を受けられるホワイトニングサロンなど、様々なところでホワイトニングの文字を見かけると思います。何もしないよりは、ホワイトニング効果が期待できる方法で歯を白くするために歯。どの方法が良いのか迷うところではないでしょうか。

今ネットなどで目にするホワイトニングには、主に次のような方法があります。

・歯科医院

・ホワイトニングサロン、ホワイトニングバー

・ホワイトニング歯磨き剤やシート

・個人輸入

まず歯科医院でのホワイトニングですが、歯科医院ですので当然、歯科医師、歯科衛生士が在籍しています。歯科医院でのホワイトニングは、医院で受けるオフィスホワイトニングと家庭で行うホームホワイトニング、この2つを併せたデュアルホワイトニングがあります。

次にホワイトニングサロンやホワイトニングバーは、店舗内で自分でホワイトニングを行う方法です。歯科医師などは在籍せず、国家資格を持たないスタッフが説明などを行うスタイルです。

ホワイトニング歯磨き剤やホワイトニング用シートは、家庭で行うものです。ホワイトニング効果とされている成分が含まれた歯磨き剤や、歯にシートを貼り付けて歯を白くする、というものです。

最近では、個人輸入によるホワイトニングを行う方もいらっしゃいますが、海外のホワイトニング薬剤は濃度が高く、歯や歯ぐきを痛めてしまう可能性があります。

このように、ホワイトニングには様々な方法があり、ホワイトニングを考える方にとっては、できれば効果があり、安く効率的に行える方法が良いと考えるのではないでしょうか。

しかし、本来の意味合いであるホワイトニングの効果を得ること、また安全にホワイトニングの施術を受けることから考えると、歯科医院で受ける以外の方法では、様々な問題点があるということは明らかです。特に安全面においては、歯やお口の健康に影響を受けることもあります。

安全かつ効果を得るためには、歯科医院でのホワイトニング

様々な方法で歯を白くする宣伝を目にすることがあると思いますが、ホワイトニングの効果を実感し、安全に施術を受けるためには歯科医院で受けることが最も望ましいです。

歯科医院でのホワイトニングでは、施術前に必ず歯科医師が口腔内を確認し、ホワイトニングが出来るかどうか判断します。歯にトラブルがある状態でホワイトニングを受けると、歯や口腔内にトラブルが起きてしまう可能性があるからです。

ホワイトニングサロンなどでは、歯科医師による口腔内の確認がありません。店舗により規約が違うかもしれませんが、もし万が一、口腔内にトラブルが起きても自己責任になる可能性があります。

歯を白くすることはもちろん、安心安全にホワイトニングを受けるためにも、歯科医院で受けることをお勧めします。

 

当院のホワイトニングについてはこちら 桑名駅より徒歩5分 星野歯科医院

前歯のお勧めの被せものがセラミックの理由とは?

前歯は最も目立つ場所のため、見た目を重視した治療を希望される方は多いと思います。前歯の被せものは、保険適用のものと保険外のものがありますが、保険適用のものよりも、セラミッククラウンなど保険外のものがお勧めです。その理由はなぜでしょうか。

前歯の被せものの種類について

小さな修復なら、保険適用の白い樹脂でもカバーできますが、むし歯やその他の理由で歯をたくさん削らなければいけなくなった場合、クラウンという被せものを被せて修復する必要があります。

特に前歯は奥歯と比べると審美性が重視されるため、できるだけきれいな被せものを選択する必要があります。

前歯の被せものの種類には、保険適用のものと保険外のものがあります。最近適用されることが多い、保険の被せものと保険外の被せものをご紹介します。

・前装冠(保険適用)

前装冠とは、表側が白い樹脂、裏側が金属で作られた被せものです。保険適用で費用を抑えることができます。見た目は表側が白いため、審美性はある程度保つことは可能です。

・CAD/CAM冠(保険適用)

CAD/CAM冠とは、コンピュータを用いて設計、製造したレジンとセラミックを混ぜ合わせたものです。以前は小臼歯のみなど、条件付きで適用範囲が限られていましたが、2023年の改定により、全ての歯に適用となり、前歯も選べるようになりました。金属を一切使っていないため、審美性も保つことが出来ます。ただしブリッジなど連結した被せものには使えず、単冠のみ適応となります。

・オールセラミッククラウン(保険外)

オールセラミッククラウンは、全てセラミックで作られた被せものです。美しい見た目と耐久性に優れています。周りの歯と馴染みやすく、特に上の前歯に最適です。

・ジルコニアセラミッククラウン(保険外)

ジルコニアセラミッククラウンとは、セラミックにジルコニアを混ぜたものです。審美性に加え、ジル子に歯の優れた強度を併せ持った被せものです。強度がとても強いため、前歯だけでなく、小臼歯や大臼歯にも適しています。

前歯の被せもの、なぜセラミックがお勧めなの?

前歯に被せものは、保険適用と保険外のセラミック系どちらも適用しますが、よりお勧めは、保険外のセラミック系クラウンです。

保険外のデメリットとして、費用の高さが挙げられます。保険適用のものは安価でできるため、保険適用の前装冠やCAD/CAM冠を考える方が多いでしょう。

しかし、保険外の被せものは審美性はもちろん、耐久性の良さがお勧めの理由のひとつとして挙げられます。耐久性の良さというのは、「再治療の必要性が低い」ということです。

保険適用の素材は、何年かたってくると変色し、周りのご自身の歯と比べると明らかに黄ばみが目立つようになります。それは、白い部分が樹脂だからです。

樹脂は知らない間に少しずつ変色し、気が付けば治療をした被せものの歯だけ茶色くなっている、とびっくりされた方もいらっしゃるでしょう。

CAD/CAM冠も優れた保険素材ですが、樹脂を多く含んでいるため、汚れや細菌が付きやすくなる素材でもあります。その結果、数年後に再治療の必要性が高くなってしまうのです。

このようなデメリットがある保険素材と比較すると、セラミック系の保険外の素材は審美性、耐久性ともにとても優れています。費用は高くなりますが、長い目で見るとセラミック系保険外の素材のほうが、コストパフォーマンスに優れているとも言えます。

それぞれにメリット、デメリットがありますので、よく比較しながら最適な被せものを選択すると良いでしょう。

当院の審美治療についてはこちら 桑名駅から徒歩5分 星野歯科医院

前歯と奥歯それぞれ最適なセラミッククラウンとは?

ホワイトニングには年齢制限はありますか?

審美性の高さと耐久性の良さでニーズが多いセラミッククラウン。セラミッククラウンにはいつくか種類がありますが、部位によって適しているものと適さないものがあります。今回は、前歯と奥歯のセラミッククラウンの適性についてお話をいたします。

審美性が最重要視される前歯のセラミッククラウン

前歯は最も目立つ部位です。前歯の被せものが黄ばんでいると、口元全体の印象を大きく下げてしまいます。また歯ぐきが黒く変色する、メタルタトゥーも気になることと思います。

前歯は審美性が最も重要視される部位です。セラミッククラウンで治療をする場合、審美性と耐久性を兼ね備えた、オールセラミッククラウンやジルコニアセラミッククラウンが最適です。

色調も豊富で、周りのご自身の歯の色と調和しやすい色を選択することができるため、自然で美しい歯を手に入れることが可能です。

強度が重要視される臼歯部

前歯に比べると、小臼歯や大臼歯はそれほど目立ちません。その分、「しっかり噛むこと」において重要な役割を持つ臼歯部は、審美性もですが、強度や耐久性がより重要視されます。

このような強度を求められるセラミッククラウンでは、ジルコニアを使った素材が最適です。ジルコニアクラウンは人工ダイヤモンドと呼ばれるほどの強度を持っているため、噛む力を必要とする奥歯には最適です。

ただセラミッククラウンと比べると色調が単調なため、審美性はやや劣ります。とは言っても銀歯と比べると審美性はグンと上がりますので、見えづらい大臼歯が最適でしょう。大臼歯が銀歯の方は、ジルコニアクラウンがお勧めです。

小臼歯は大臼歯よりも見える部位です。審美性を重視するならセラミッククラウンか、e-maxという素材のセラミックがお勧めです。

メタルボンドはあまり使われていない?

オールセラミッククラウンやジルコニアセラミッククラウン、e-maxなどは比較的新しい素材です。これらの素材が躍進する前は、メタルボンドという被せものが主流でした。メタルボンドは内側が金属、外側にセラミッククラウンを焼き付けた素材です。内側が金属のため、強度や耐久性に優れています。

ただ金属を使用している分、メタルタトゥーのリスクは高まります。部位や強度を必要とする場合はメタルボンドが使われることがありますが、現在の主流はオールセラミッククラウン、ジルコニアセラミッククラウンです。

もし被せものを再治療する場合、金属を使っていないオールセラミッククラウンやジルコニアクラウンなどがお勧めです。

医院によって取り扱っている審美素材は様々です。セラミッククラウンにすることで、見た目や機能を大幅に上昇することが可能ですので、ご自身に合った被せものを決めるようにしましょう。

当院の審美治療についてはこちら 桑名駅より徒歩5分 星野歯科医院

ホワイトニングで歯の色にムラができてしまった!なぜ?

歯を白く仕上げるホワイトニングは、口元を美しく仕上げることができるため、ちゅうもくを集めています。しかし稀にホワイトニング後に歯の表面の一部が白く濁り、歯の色がムラになってしまうということが起こることがあります。歯を白くするためのホワイトニングで、なぜ歯の色がムラができてしまうのでしょうか。

歯の色のムラを引き起こす、白い斑点とは?

ホワイトニング後、真っ白になった歯をよく見ると、白い斑点が生じていることがあります。これはホワイトスポットといい、エナメル質形成不全のひとつです。ホワイトニングを行うことにより、歯の色にムラが見られるのはこのホワイトスポットが原因かもしれません。ホワイトンスポットが出来る原因としては、以下の理由が挙げられます。

・栄養不足

・遺伝

・歯の外傷

・フッ素の過剰塗布

エナメル質形成不全には軽度なものから重度なものまであり、ホワイトスポットは比較的軽度な部類に入ります。歯のエナメル質が形成される時期に何らかの影響を受けてしまうと、ホワイトスポットが作られてしまうことがあります。エナメル質形成不全の度合いが重度ですと、歯の表面にくぼみが出来たり、歯の一部が欠けるなど歯の形状にも影響を受けてしまいます。

またむし歯の一歩手前である、脱灰という状態でも白い濁りが生じることがあります。むし歯菌が出す酸により歯の表面が溶けてしまうと、白く濁ってしまいます。この状態を放置しておくと、そのままむし歯に進行してしまいますので、治療が必要になります。

ホワイトニング後の歯の色のムラ、そのままにしておいて大丈夫?

ホワイトニング後に見られるホワイトスポットが原因で、歯の色にムラができてしまった場合、とても不安になることと思います。しかし、ホワイトニングでホワイトスポットが出来たのではなく、元々あまり目立たなかったホワイトンスポットが、ホワイトニングで歯が真っ白になったことにより、目立つようになったと考えるのが自然です。

ただ、一時的にホワイトニング後にホワイトスポットと似た歯の色の濁りが生じることがありますが、次第に歯の色と馴染んできますので、それほど心配することはありません。

またホワイトニングを継続して行うことも、歯の色のムラを目立たなくする方法のひとつです。この場合、ホームホワイトニングで時間をかけてホワイトニングすることで、だんだん歯の色と馴染み、いつの間にか目立たなくなっていることが期待できます。

ただし、ホワイトスポットの原因が初期のむし歯の場合、ホワイトニングを継続することはお勧めできません。エナメル質形成不全とむし歯とでは状態が全く異なるため、白い濁りがホワイトスポットなのか、それとも初期むし歯なのかをまず歯科医師に診てもらう必要があります。

自分で購入したホワイトニング材では、ホワイトスポットや濁りがひどくなってしまう恐れがありますので、安心してホワイトニングを行うためにも、ホワイトニングは必ず歯科医師の診断の下で行うようにしましょう。

当院のホワイトニングについてはこちら 桑名駅より徒歩5分 星野歯科医院

気になるすきっ歯、矯正と審美治療どちらがいいの?

すきっ歯は前歯というとても目立つ部位のため、笑顔に自信を持てずにコンプレックスを感じてしまうのではないでしょうか。すきっ歯を治すには、主に矯正治療と、ダイレクトボンディングなどの審美治療がありますが、どちらのほうが良いのでしょうか。

すきっ歯をそのままにしておくとどうなるの?

すきっ歯にお悩みの方のほとんどは、見た目が気になることと思います。すき間があると、少し間の抜けた感じになってしまうため、できればすき間を閉じて、きれいな歯並びになりたい、と審美面に関してコンプレックスをお持ちになるのではないかと思います。

しかし、すきっ歯は見た目だけでなく、お口のトラブルに関わることもあります。そのトラブルとは、むし歯や歯周病です。すき間の部分に汚れが残り、プラークとなって虫歯や歯周病を引き起こしてしまうことがあります。歯磨きしやすいと思うかもしれませんが、案外汚れが残りやすく、歯や歯ぐきにトラブルを引き起こしてしまうのです。

すきっ歯には2種類

歯と歯の間にすき間があるすきっ歯には、大きく分けて2種類あります。どちらも見た目に影響を受けてしまいますので、気になる方も多いでしょう。ではすきっ歯の種類について見てみましょう。

1.正中離開

正中離開とは、上の前歯のあいだにあるすき間のことを言います。すき間があり、そのうえ前歯がハの字になってしまっているケースもあります。成長とともに自然に閉じていくものもあれば、治療をしなければいけないケースなど様々です。正中離開になる原因としては、主に上唇小帯の異常、過剰歯などがあります。また年齢を重ねてくると、歯周病の悪化により歯並びに変化が起こり、そのひとつとして前歯にすき間が生じてくることもあります。

2.空隙歯列

空隙歯列とは、上の前歯だけでなく、全体的にすき間がある状態を言います。空隙歯列の原因としては、永久歯の本数が足らない、全体的に歯が小さい、顎が大きい割に歯が小さい、といったことが考えられます。

すきっ歯を治す治療法とは?

では、気になるすきっ歯はどのような治療法があるのでしょうか。すきっ歯の治療法についてご紹介します。

1.歯並びや噛み合わせを改善する矯正治療

すきっ歯をきれいに改善する方法として、矯正治療が選択肢として考えられます。矯正治療は歯を動かし、歯並びと噛み合わせを整えていきます。すき間だけでなく歯並びをきれいに整えたい、噛み合わせが悪い方は、矯正治療がお勧めです。ごく軽度の場合、部分矯正も可能になるかもしれません。なお矯正治療の場合、デメリットとして治療期間が長くなります。

2.見た目を重視し、治療期間が短い審美治療

矯正治療以外のすきっ歯を治す方法として、審美治療があります。審美治療とは、歯のサイズを大きくしてすき間を埋める方法で、人工的な素材を使って見た目を美しく改善する方法です。治療法としては、ダイレクトボンディング、セラミッククラウン、ラミネートべニアがあり、いずれも短期間でキレイに治すことができます。すき間の状態や、ご自身がどこまできれいに治したいかによって治療法が変わってきますので、ご自身の納得のいく方法を選ぶようにしましょう。

審美治療のデメリットとして歯を削る必要がある、将来歯周病によって歯ぐきが下がってきた場合、歯と被せものの間にすき間ができてしまうことなどが考えられます。ただダイレクトボンディングはデメリットは少ないでしょう。

気になる歯のすき間は、ご紹介したような治療法できれいに治すことができます。すきっ歯の状態と、それぞれのメリット、デメリットを理解したうえで最適な治療法を選んでくださいね。

当院の矯正治療についてはこちら 桑名駅より徒歩5分 星野歯科医院

 

その口臭、もしかして銀歯のせいかも?

口臭はエチケットマナーの中でも、最も気になるのではないでしょうか。口臭の原因はいくつかありますが、その中のひとつに銀歯などの被せものの可能性が考えられます。ではなぜ、銀歯が口臭の原因になるのでしょうか。

気になる口臭の原因は?

人前で話す機会がある方、人と会う機会が多い方などは、相手に自分の息が匂わないかどうか気になりませんか?どんなに念入りに歯磨きをしても、口臭は気になってしまうことと思います。

口臭のほとんどは、生理的なもので、自分が気にするほどのことではないと言われています。

それでもやはり、いくつか「口臭」と呼ばれる原因は存在しています。では口臭の原因は何が考えられるのでしょうか。

1.ニオイの強いものを食べたとき

2.むし歯、歯周病などお口の中のトラブル

3.歯磨き不足による口内環境の悪さ

4.胃腸の調子の悪さ

5.銀歯などの被せもの

ニンニク料理やお酒など、ニオイの強いものを食べたり飲んだりしたあとは、特有の臭いがするため、それが「口臭」と思われがちです。

むし歯や歯周病は、細菌が原因です。特に歯周病が進行すると、かなり強烈な悪臭がするため口臭を指摘されてしまうかもしれません。

胃腸の調子が悪いときも、口臭となって現れるときがあります。お口の中に原因がない場合、胃腸の調子の悪さが原因かもしれません。

では、銀歯などの被せものはなぜ口臭の原因となってしまうのでしょうか。

細菌が付きやすい銀歯

むし歯になった場合、歯を削り、削った部分を修復しなければいけません。浅いむし歯なら、白いレジンを詰めて修復しますが、むし歯がやや深かったり、神経まで到達していた場合、レジンではなく、インレーやクラウンといった詰め物や被せものによる修復が必要となります。

その際、保険適用の素材は金属が使われたもので、いわゆる銀歯と呼ばれるものです。前歯など目立つ部分は白いレジンですが、中や裏側は金属でできています。

銀歯は保険が適用となるため安価で修復物をつくることができます。しかし、金属が目立ってしまうこと、そして金属は細菌が付きやすいというデメリットがあります。

金属はザラザラしているため、細菌やプラークなどが付きやすいため、ニオイの原因となってしまうのです。

お口の中に銀歯がある方は、その部分に通したデンタルフロスの臭いを嗅いでみたことはありますか?何とも言えない悪臭があり、それが口臭の原因になってしまうことがあるのです。また銀歯が取れてしまった場合、銀歯の中でむし歯が再発していることも多く、それも口臭の原因の一つだと考えられるのです。

銀歯をセラミックに交換することで、気になるニオイを低減させることができます

銀歯は見た目だけでなく、細菌が付きやすいので口臭の原因となってしまいますが、この銀歯をセラミッククラウンなどセラミック素材のものに変えるという方法が改善策として挙げられます。

セラミックは滑らかな素材で、比較的汚れや細菌が付きにくく、耐久性にも優れています。費用は高くなりますが、審美面や機能面、そしてエチケット面を考慮すると、気分的にも前向きになれることと思います。

ただセラミックだからといって、絶対に細菌が付かないというわけではありません。口臭の原因となる歯磨き不足は、必然的にお口の中の環境を悪くしてしまいます。きちんと口腔ケアを行いながら、清潔な環境を保つことで口臭の原因は取り除けるでしょう。

当院のセラミック治療についてはこちら 桑名駅より徒歩5分 星野歯科医院

 

 

 

前歯がむし歯に・・・どのような治療法があるの?

前歯は、口元の中でも最も印象に残る部分ですので、前歯にむし歯ができてしまうととても目立ってしまいます。前歯のむし歯を修復するためには、いくつか方法がありますが、どのような治療法があるのでしょうか。

前歯を治すための治療とは?

一般的に、むし歯を治すには保険適用を選ぶ方がほとんどです。健康保険を使うことで、治療費が抑えられるため、保険治療が第一選択肢となることが多いです。

ただ保険治療は審美性は重視されていません。あくまでも機能を修復するということを目的としているので、審美性を第一に求める方にとっては、保険治療ではなく自費治療がお勧めとなります。

1.保険治療

前歯に多いむし歯は、歯と歯の間や歯補歯ぐきの境目です。このような軽度のむし歯の場合、コンポジットレジンという樹脂を使った治療が行われます。歯の色は一人一人違いますが、保険適用のレジンにはいくつか種類があり、歯の色に最も近い色味を使って修復しますので、自然な仕上がりが期待できます。

ただ保険適用のレジンは強度が弱く、固いものを噛んだ際にレジン部分が取れてしまうことがあります。また色素や汚れを吸収しやすく、数年経つとレジンで修復した部分が変色し、見た目で治療した部分が分かるようになってしまいます。そのため、数年単位で再治療が必要となります。

2.自費治療

自費治療は、機能修復を目的とした保険適用と比べ、審美性も重視した治療となります。美しさを求めるのなら、審美性の高い自費治療がお勧めです。

・ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、レジンにセラミックの微粒子を混ぜた素材です。セラミック微粒子が配合されていることで、保険適用のレジンに比べると審美性が向上します。また強度も保険適用のものと比べると強さがありますので、審美性、機能性ともに改善できる素材です。

・セラミッククラウン

セラミッククラウンとは、セラミックでできた被せもので、強度、審美性ともに申し分ない素材です。美しさ、強度ともにダイレクトボンディングよりも上回るので、より美しさを求めるのであれば、セラミッククラウンがお勧めです。

ただセラミッククラウンを被せる場合、歯を大きく削る処置が必要になります。そのため神経を取っていない歯の場合、歯の神経を取ることもあります。既に神経を取った歯で、古い被せものをセラミックに変えるのはお勧めですが、レジンで修復できる歯の神経を取るのはリスクがありますので、納得をしたうえで治療を行いましょう。

前歯のむし歯治療は早めに行いましょう

前歯のむし歯の治療法についてお話いたしました。前歯のむし歯はとても目立ってしまいます。また前歯は意外にもむし歯になりやすい部分でもあります。前歯がむし歯になってしまった場合、早期治療なら保険適用のレジンか自費治療のダイレクトボンディングがお勧めです。

そのままにしておくと、むし歯が広がり神経を取らなくてはいけなくなることもありますので、前歯のむし歯は早めに治療をしましょう。

当院の審美治療についてはこちら 桑名駅より徒歩5分 星野歯科医院

 

 

成人矯正で得られる、口元の健康とは?

歯の矯正治療は、若い方だけのためのもの、と思っていませんか?歯並びを整えることは、見た目のコンプレックスの解消だけでなく、口元の健康にも大きく関わります。では成人の方、年齢を重ねた方が矯正治療をすることで、歯の健康にどのような効果をもたらすのでしょうか。

歯並びが悪いことで起きやすいトラブルとは?

出っ歯やガタガタの歯並び、噛み合わせの悪さなど歯並びが悪いと、様々なトラブルが起きやすくなります。では、歯並びや噛み合わせが悪いと、どのようなトラブルが起きやすいのでしょうか。

・むし歯

歯並びが悪いと、むし歯のトラブルが起きやすくなります。歯が重なっている部分の歯磨きがし辛いため汚れが溜まり、プラークが付き、虫歯菌が活動しやすくなってしまいます。むし歯は若い年代に起きやすいですが、年齢を重ねた方もむし歯リスクは持ち合わせているため、むし歯が再発しやすくなります。

・歯周病

年齢を重ねるとともに、歯周病の罹患率が高まります。歯並びの悪さや噛み合わせの悪さは、より歯周病のリスクが高まります。プラークや歯石は歯周病の元凶であり、歯周病によって歯を失ってしまいます。若い方は歯ぐきが腫れる歯肉炎で治まることが多いですが、将来的に歯周病へ進んでしまう可能性が高くなります。

また歯周病が原因で、歯並びが悪くなったり歯がおかしな方向へ向いてしまうことがあります。歯周病と歯並びや噛み合わせの悪さは大きく関わっていると言えるでしょう。

成人矯正で使用する矯正装置とは?

矯正装置には多くの種類がありますが、成人の方はどんな装置を使うことが多いのでしょうか。

マルチブラケットワイヤー装置

歯の表面にブラケットを付け、そこにワイヤーを通して歯を動かす、最もオーソドックスな方法です。固定式装置で、抜歯を伴う症例や難しい症例にも対応可能です。

マウスピース矯正

透明なマウスピースを交換しながら歯を動かす治療法です。ワイヤー矯正と比べると歯が動く痛みは穏やかで、食事や歯磨きもしやすいところがメリットです。ただ抜歯を伴う症例、難しい症例には対応ができない場合があります。

マルチブラケットワイヤー矯正もマウスピース矯正も、歯全体を動かす全体矯正、前歯だけを動かす部分矯正に対応できます。

矯正治療により、歯の健康を守ることができます

一般的に歯の矯正と聞くと、小学生や思春期のお子さんのための治療では?と思うかもしれません。大人になってから矯正治療をすることはできるの?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

基本的に、矯正治療は何歳からでも始められます。中には50代60代といった年齢の方も矯正治療をスタートされており、年齢を問わず治療を行うことができます。

むしろ、長年歯並びの悪さのコンプレックスをお持ちの方は、歯の健康維持のためには成人矯正は必要ではないでしょうか。歯並びの悪さにより、むし歯や歯周病になると食事がしにくくなり、体の健康にも影響が出てしまいます。

ただ既に歯周病の症状が出ている方は、歯周病治療を優先するなど、歯科医師とよく相談して治療を進めなければいけない場合もあります。

歯を失ってから始めて気づく歯の大切さ。そこには歯並びの悪さも大きく影響しています。大人になってからの矯正治療は、歯の健康を守るという大きな意味合いがあります。

年齢に関係なく、歯並びや噛み合わせの悪さにお悩みの方は、専門医に相談してみましょう。

 

予防治療で得られるメリットとは?

歯医者は、歯が痛くなってから行くもの、という概念は薄れつつあり、今では歯の健康を維持する「予防」の意識が高まってきています。そのためには歯と歯ぐきの健康を維持する予防治療が欠かせません。今回は、予防治療で得られるメリットについてお話をいたします。

むし歯や歯周病の原因は、プラーク

むし歯と歯周病は、歯を失う代表的なトラブルです。特に歯周病はむし歯のような痛みをあまり感じないまま症状が進むため、気が付けば歯がグラグラになってしまった、というケースも決して珍しくはありません。

むし歯と歯周病、どちらも歯を失うリスクが高いトラブルであり、それぞれの症状を引き起こす細菌は異なりますが、根本的な原因はプラークです。

プラークは細菌の塊です。お口の中には無数の細菌が存在しており、歯の表面に付着して増殖したものです。想像し難いと思いますが、プラーク1ミリグラムの中には約1億個の細菌が存在していると言われています。

このプラークが歯に付着していると、そこへ虫歯菌や歯周病菌が寄り付いて活動を開始します。虫歯菌は歯を溶かす酸を、歯周病菌は歯周組織に炎症を引き起こす毒素を出します。その結果、むし歯や歯周病を引き起こすのです。

むし歯や歯周病の原因はプラークであることを、まずしっかりと理解しておきましょう。

プラークはうがいで取れるの?

むし歯や歯周病の原因であるプラークですが、よく間違われるのが、「プラークは食べかすじゃないの?」ということです。プラークは食べかすではありません。食べかすならうがいなどで簡単に取りのぞけますが、プラークはネバネバとした粘着性の物質で、うがいだけでは取り除けません。

プラークを取り除くには、丁寧な歯磨きが最も重要です。いくら殺菌効果が高いと言われている歯磨き粉やデンタルリンスなどを使っていても、丁寧で正しい歯磨きができていないと、プラークを取り除くのは難しいでしょう。

見える前歯などはまだ磨きやすいですが、奥歯や歯の裏側など、自分では見にくい部分にプラークは溜まりやすいため、時間をかけた歯磨きが必要なのです。

予防治療で得られるメリットとは?

プラークや、プラークが石灰化した歯石は、歯科医院でのクリーニングで取り除くことができます。むし歯や歯周病を未然に防ぐためには、ご家庭での丁寧な歯磨きに加え、定期的な予防治療が最も効果的です。

痛くなったり、歯がグラグラしてから受診するのではなく、予防をするということを目的としています。

予防治療で得られるメリットとしては、次のようなことが挙げられます。

・自分では取れないプラークや歯石をしっかりと落とすことができる

・むし歯や歯周病などの早期発見が可能

歯は失って初めてその大切さを痛感するものです。歯を失わないためには、歯と歯ぐきの健康を維持することであり、その方法は予防治療です。「痛くないのに面倒」「お金がかかる」とお思いになる方もいらっしゃるでしょう。ですが歯が痛くなってから治療をする、歯を失ってから入れ歯やインプラントをするとなると、自分の歯を維持できないばかりか、かえって費用も時間もかかってしまいます。

定期的な予防治療を受診し、いつまでも健康な歯と歯ぐきを維持することが、ご自身の歯で食事ができる幸せに繋がるのです。

当院の予防治療、PMTCについてはこちら 桑名駅より徒歩5分 星野歯科医院

加齢による歯の変色、どの方法でキレイに治すのがおすすめ?

年齢とともに歯の変色が起こると、見た目に大きく影響してしまいます。加齢による歯の変色にはいくつか原因がありますが、見た目を改善することで若々しい口元を取り戻すことは可能です。いつまでも笑顔に自信を持つために、歯の変色をキレイにするには、どのような方法がお勧めなのでしょうか。

加齢による歯の変色はなぜ起こるの?

年齢を重ねるにつれ、外見の変化が起こるのは避けられません。肌や髪の毛の質も、若い頃と比べると変化が起きているのを実感されるのではないかと思います。

歯の色も同じで、若い頃はもっと白かったのに、いつの間にか黄ばんで変色していることに気が付くのではないかと思います。肌や髪型と比べると、口元は年齢が出やすいパーツであるため、変色を改善することで若々しい口元を取り戻したいところでしょう。

そもそも、加齢によってどうして歯が変色してしまうのでしょうか。考えられる原因は以下のとおりです。

1.象牙質が年々濃くなっていくため

象牙質とは、エナメル質の内側にある組織で、濃い黄色~象牙色をしています。若い頃と比べると象牙質の色が濃くなり、茶色っぽくなります。歯が黄ばんで見えるのは、その影響です。

2.エナメル質が薄くなっていくため

象牙質とは逆に、エナメル質は年々薄くなっていきます。薄くなったエナメル質に濃くなった象牙質が合わさることで、変色が目立ってしまいます。

3.ステインが蓄積されている

ステイン(着色)が蓄積されることで歯の色がくすんで見えてしまいます。長い間コーヒーや紅茶、赤ワインなどの着色しやすいものを口にする方、タバコを吸っている方は着色により、歯の色が悪くなってしまいます。

4.神経を取ったことによる変色

虫歯治療の中でも神経を取った場合、次第に歯の根元がグレーっぽく変色してしまいます。若い頃に神経を取る治療をした歯が、数年後に変色しているのはよく見られます。

加齢により変色した歯をキレイにする方法とは?

上記のような原因で変色した歯をキレイにすることで、見た目の印象はぐっと変わります。それでは、加齢により変色した歯は、どうやってきれいにすることができるのでしょうか。

・PMTC

ステインによる汚れをキレイにする場合、歯の表面を専用のペーストを使って磨くことでステインを落とし、本来の歯の色を取り戻すことができます。歯の健康にとってもお勧めの方法です。

・ホワイトニング

ホワイトニングは、歯の表面を磨くPMTCと異なり、歯の内部の象牙質に働きかけます。ホワイトニング薬剤によるホワイトニングは、歯本来の色よりも白く仕上げることができますので、PMTCで満足のいかない方にお勧めです。

・ラミネートべニア

ラミネートべニアとは、歯にセラミック製のネイルチップのようなものを歯になりつける方法です。セラミックを使っていますので、とても美しく仕上がります。ただ歯を薄く削る必要があります。

・セラミッククラウン

セラミック製の被せものを歯に被せる審美治療です。セラミックは汚れや色素が付きにくいため、美しい口元に仕上げることができます。PMTCやホワイトニングでは白くできない歯などは、このセラミッククラウンによる治療が最も効果的です。ただ歯をたくさん削ること、費用が高額になることがデメリットです。

美しい口元で、口元に自信をつけましょう

加齢による歯の変色の原因と、治療法についてお話いたしました。原因により治療法が異なってきます。またご自身のご希望もあるかと思います。歯の変色をご自身に合った治療法で改善させ、口元に自信を取り戻すことでいつまでも笑顔に自信を持つことができます。歯の変色が気になる方は、かかりつけ医に相談してみましょう。

当院の審美治療についてはこちら 桑名駅より徒歩5分 星野歯科医院