金属アレルギーがあってもワイヤー矯正はできる?

歯並びを治したい方の中には、もしかすると金属アレルギーをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。金属アレルギーがある方は歯科治療に対しても不安をお持ちではないかと思います。ワイヤー矯正の場合、スタンダードな治療法として金属の装置を使ったメタルブラケット矯正ですが、金属アレルギーが心配という方の場合、ワイヤー矯正は不可能なのでしょうか。

歯科治療における金属アレルギーとは?

金属アレルギーとは、指輪やネックレス、ピアスなどの貴金属を身に着けた際に起こる皮膚の炎症です。金属が触れた部分の皮膚が赤くなったり痒くなったりすると、金属アレルギーが疑われます。

この金属アレルギーは、貴金属だけでなく歯科治療においても症状が出ることがあります。銀歯がその代表的なケースで、お口の中に銀歯が入っていると、舌や歯ぐきが赤くなる、口内炎ができるといった口腔内での症状に加え、皮膚に炎症が起きることもあります。

金属アレルギーと矯正治療の関連性

歯並びや噛み合わせを改善するための矯正治療の選択肢は、ブラケットとワイヤーを使ったワイヤー矯正と、透明なマウスピースを使ったマウスピース矯正です。マウスピース矯正のマウスピースは金属を一切使っていないため、金属アレルギーをお持ちの方でも安心して歯並びを治すことができます。

いっぽうワイヤー矯正の場合、金属を使ったメタルブラケット装置を使った治療法がよく知られており、医院によってはメタルブラケット矯正のみ行っているところも少なくありません。メタルブラケットによるワイヤー矯正は全て金属でできている装置のため、メタルブラケットによるワイヤー矯正歯科行っていない医院では、金属アレルギーをお持ちの方の治療の選択肢がぐっと狭くなってしまいます。

ではマウスピース矯正にすれば安心で何も問題がないのでは?とお考えになるかもしれません。しかしマウスピース矯正では対応が難しい歯並びがあり、理想とする歯並びまで治療ができない可能性があります。また取り外し式が面倒で、途中から付けなくなることが想定できる方も、マウスピース矯正ではなくワイヤー矯正のほうが適していると考えられます。

審美ブラケットを使った装置なら金属アレルギーでも対応できます

マウスピース矯正ではなくワイヤー矯正で治療をしたい方、マウスピース矯正では改善が難しい方の場合、ブラケットを金属ではなく半透明のものにすることで選択肢が広がります。審美ブラケットと呼ばれる半透明のブラケットは主に金属の装置が目立つことへの対応策として用意されていますが、金属アレルギーの方への対応策として推奨できます。またブラケットに通すワイヤーも、白くコーティングすることができるため、よりメリットが強くなります。

ただ審美ブラケットやホワイトワイヤーはメタルブラケットと比べて費用が少し高くなります。しかし審美ブラケットにすることで金属アレルギーの方でも治療が可能となるため、金属アレルギーの方、金属アレルギーが心配な方は、矯正を行っている医院で相談してみてくださいね。

当院の矯正治療についてはこちら 桑名駅より徒歩5分 星野歯科医院

歯と歯が重なっている部分のリスクについて

歯並びのお悩みで最も多いのは、歯と歯が重なったガタガタの歯並びではないかと思います。少しだけ重なっている軽度のケース、全体的にひどく乱れているケースなど程度は様々ですが、歯と歯が重なっている部分には見た目だけでなく、お口の健康にとって大きなリスクがあります。今回は、歯が重なった部分に起きやすいリスクについてお話いたします。

歯並びが悪いことで起こりうるリスクとは?

歯並びの悪さで気になるのはまず見た目でしょう。ガタガタの歯並びや八重歯などは審美性を低下させるため、見た目の問題が大きくなります、しかし歯並びの悪さは見た目だけではなく、お口の健康にも悪影響を与えかねません。では歯と歯が重なった部分に起きやすいリスクとはどういったものなのでしょうか。

1.虫歯

ガタガタの歯並びで起こりやすいリスクのトップは、歯と歯の間にできる虫歯です。重なった歯の部分は歯ブラシの毛先が届きにくく、汚れを落とし切ることが困難です。歯の重なり具合によってはフロスも通しにくいため、どうしても食べかすなどが残ります。その結果落としきれない汚れがプラークとなり、虫歯菌が寄り付いて酸を出し、歯を溶かして虫歯を作り出してしまいます。

2.歯肉炎、歯周病

虫歯に次いで多いのが、歯肉炎および歯周病です。歯周病は正しくは歯周炎と言いますが、ここでは分かりやすく歯周病と表記します。

歯肉炎は比較的若い世代に起こる歯ぐきの炎症で、小さなお子さんにも起こります。歯並びの悪さのために歯磨きがしにくいため、プラークが作られて歯ぐきが腫れてしまいます。成人の方は歯周病菌により、炎症が歯ぐきだけでなく、歯を支える歯槽骨に吸収が起こり、歯が動くようになってしまいます。

歯肉炎や歯周病は特に八重歯がある方に起こりがちです。八重歯があること前歯の隣である2番目の歯が隠れて磨きづらいこと、犬歯が歯ぐきの上方から生えていることで犬歯と歯ぐきの境目が磨きにくいために起こりやすい傾向があります。

歯肉炎はまだ軽度ですが、歯周病に進行すると歯を失うリスクが高まります。

3.口臭

自分の臭いが周りを不快にさせているかもしれないナンバーワンのお悩みといってよいのが、口臭です。口臭の原因は様々ですが、歯並びが悪いことも原因のひとつです。もちろん虫歯や歯周病なども口臭の原因ですが、歯並びが悪いことも口臭を引き起こしてしまいます。

歯並びの悪さを矯正治療で解消し、お口の健康づくりを

歯と歯が重なることで起きやすいお口のトラブルをご紹介しました。矯正治療は見た目だけを治すことが目的と思われがちですが、矯正治療を行うことでお口の中の環境を改善し、健康なお口へと導くきっかけを作ることができます。

歯並びを改善し、見た目とともにお口の健康を維持しやすい環境を手に入れませんか?

当院の矯正治療についてはこちら 桑名駅より徒歩5分 星野歯科医院

矯正治療を始める年齢が遅くても大丈夫?

歯並びを治したくても、様々な事情により歯列矯正が行えずに月日が経ってしまい、矯正を諦めている方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

矯正は小さなお子さんが行うものと思われるかもしれませんが、矯正治療を始める年齢が遅くても治療は可能です。今回は、成人の矯正と年齢の関係を中心にお話をいたします。

多様化する矯正治療

「これまで矯正に興味がなかったけどやっぱりきれいな歯並びに憧れる」「今更ながら矯正治療をしたいけど、矯正は小さいころにしないと意味がないのでは?」など年齢を重ねた方の矯正治療に対する思いは様々なのではないでしょうか。

昔は今ほど口元の審美志向が高くなく、矯正治療法も金属の装置を使ったものが主流でした。また金属の装置がギラギラとお口の中で目立ち、周りから矯正治療をしていることが分かることが嫌で、矯正治療そのものに抵抗を感じる方も少なからずいらっしゃったのではないかと思います。このような背景から、金属のワイヤー矯正一択だった時代のころは、歯並びにコンプレックスを抱えたまま月日が過ぎてしまった・・・という感じではないかと思います。

しかし今では金属の装置だけでなく、セラミックブラケットやホワイトワイヤーなどを使った目立ちにくいワイヤー矯正や取り外し式のマウスピース矯正、気になる前歯だけを治す部分矯正など多様化を見せており、それに比例するように歯並びのコンプレックスを改善したいと矯正治療を望まれる方がとても増えています。

これは口元の審美志向の向上と、矯正治療の多様化における相乗効果と考えられます。

矯正治療に年齢制限はあるのでしょうか?

多様化を見せる矯正治療ですが、成人になってから歯並びを整えたいとお考えの方も当然いらっしゃいます。むしろ、治療の選択肢が増えたことで幼いころから抱えてきたコンプレックスを解消する機会が増えたとも言えますが、気になるのは矯正治療を始める年齢ではないでしょうか。

矯正治療を始めるのに年齢制限はありません。成人矯正を希望される方の中には、50代60代といった年齢層の方もいらっしゃいます。

ただ年齢を重ねている方の多くは歯周病の進行が見られます。30代になるとほとんどの方が歯周病の兆候が見られますが、50代以降になると歯周病がかなり進行しているケースが多く、矯正治療を行うには大きなリスクを伴ってしまうことが考えられます。

矯正治療は装置を使って歯を動かすため、歯槽骨の状態に問題がないことが重要になります。若い方の場合歯周病になっていても、歯槽骨の吸収まではほとんどみられません。ところが中高年層になると歯周病が進んで歯槽骨の吸収も起きやすくなってしまいます。そのため歯槽骨が薄くなり、歯を支えることが難しいところまで症状が進んでしまっていることも考えられます。

矯正治療を始める前に必ずレントゲン撮影が行われるため、歯周病によって顎の骨の状態に問題がないかとうかを確認し、矯正治療が可能かどうかを判断します。もし歯周病になっている場合、歯周病治療を先に行いますので、医師の指示を仰ぎましょう。

歯並びを整えてお口の健康を維持しましょう

基本的に、矯正治療を始める年齢制限というものはありません。むしろ歯と歯ぐきの健康を維持するために歯並びを改善することはとてもよいことです。

若い方は虫歯リスクが心配ですが、年齢を重ねた方にとっては歯周病が脅威です。歯並びを整え、歯磨きが行いやすくなることでお口の健康を維持しやすくなります。「こんな年齢でも矯正治療はできる?」と不安な方は、まず気軽に担当医に相談してみましょう。

当院の矯正治療についてはこちら 桑名駅より徒歩5分 星野歯科医院

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いについて

白く輝く歯は、笑顔をより一層引き立ててくれます。そんな白い歯を作り出してくれるのは、ホワイトニングです。ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがありますが、どのような違いがあるのか今一つ分からないという方もおられるのではないかと思います。

今回は、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いを比較してお話をいたします。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、どう違うの?

ホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあり、どちらも歯の汚れを分解し、白く仕上げてくれます。芸能人やモデルの口元のように白く輝く歯は清潔感に溢れ、あんな口元になりたい!とホワイトニングに興味を持つ方が増えています。

ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニング、そして2つを併用するデュアルホワイトニングがあり、ホワイトニングを取り扱っている歯科医院で受けることができます。まずはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いを見てみましょう。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で受けるホワイトニングです。歯にホワイトニング用の薬剤を塗り、光を当てて内部の黄ばみを分解し漂白することで、歯本来の色よりも白く仕上げることができます。

オフィスホワイトニングは即効性があるため、施術後すぐにその白さを実感することができます。オフィスホワイトニングを行ったあとの口元を見たとき、「真っ白になった!すごい!」と感動されることと思います。

即効性が最大の特徴であるオフィスホワイトニングですが、後戻りが早く、2~3か月後にはほぼ元の色味に戻ってしまいます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、歯科医院でマウスピースを作製し、そこへホワイトニングジェルを流し込んで30分~2時間ほど装着し、歯を白くしていく方法です。自宅で好きな時間に行えるため、わざわざ予約を取って歯科医院に行く必要がありません。

使用するホワイトニングジェルはメーカーや濃度の差はありますが、オフィスホワイトニングで使用するものよりも濃度が低いものがほとんどです。

ホームホワイトニングは、1週間に4~5回ほど装着して歯を白くしていきます。オフィスホワイトニングと違い即効性がないため、白さを実感しにくいかもしれません。

しかしホームホワイトニングの大きなメリットは、後戻りが起きにくいことです。オフィスホワイトニングと比べると即効性はないですが、オフィスホワイトニングのように短い周期で後戻りすることは、ほぼありません。

またコストにも優れており、オフィスホワイトニングと比べると、費用を抑えることができます。歯科医院で作製したマウスピースも長く使うことができますので、長期間にわたって歯を白くし、白さを維持できることがホームホワイトニングの大きな特徴です。

ホワイトニングは必ず歯科医院で受けましょう

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングは、どちらも歯を白く美しく仕上げることができます。どちらの方法が良いのかは、ライフスタイルなどによってちがってくるため、用途によって使い分けるといいかもしれません。またオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用したデュアルホワイトニングなら、なお白さを維持しやすいでしょう。

大切なことは、ホワイトニングは必ず歯科医院で受けることです。歯科医師が在籍しないホワイトニングバーやエステサロンでのホワイトニングは、何かトラブルが起きたときに適切な処置ができない場合があるからです。

安心、安全に白くホワイトニングを行うためにも、必ず歯科医院で受けるようにしましょう。

当院のホワイトニングについてはこちら 桑名駅より徒歩5分 星野歯科医院

 

ホワイトニングには年齢制限はありますか?

歯を白く美しく仕上げるホワイトニングに憧れを抱く方は多いと思います。特に若い方は芸能人やモデルの可愛さや美しさに惹かれ、自分も歯を真っ白にしてみたい!と思われるのではないでしょうか。

そんな歯を真っ白に仕上げるホワイトニングには、年齢制限はあるのでしょうか。

歯が白いことで得られるメリットとは?

笑顔はその人の魅力を最大限に引き出す最大の武器です。そして素敵な笑顔を作り出すのは、なんといっても清潔な口元です。口元の印象はその人の印象の大部分を引き出すため、口元の清潔感というのは非常に重要です。

では同じ笑顔でも、真っ白の歯と黄ばんだ歯ではどちらが清潔感を感じるでしょうか。これは言うまでもなく、白い歯ですよね。

黄ばんだ歯やヤニなどで茶色くなった歯だった場合、笑顔に自信を持つことはできますか?口元に自信を持つためには、まず歯が白く清潔であることがいちばんの条件です。白い歯で清潔感に溢れた笑顔は、相手に好意的な印象を与えることができます。

このように、白く輝く歯は素敵な笑顔を引き出すことに最大のメリットがあるのです。

ホワイトニング、年齢制限は?

ホワイトニングは、汚れを落とすだけでなく、薬剤を使って歯全体を白くトーンアップさせることができます。ご自身の本来の歯の色よりも白くなるため、初めてホワイトニングを受けた方はその白さにびっくりし、感動されることと思います。

しかしホワイトニングは何歳でもできるわけではありません。ホワイトニングの年齢制限は明確にされておらず、医院によって基準が異なりますが、一般的にまだ乳歯しか生えていないお子さん、永久歯に生え変わって間もないお子さんはホワイトニングすることはできません。

乳歯や生えたばかりの永久歯はエナメル質が弱いため、ホワイトニングの薬剤の影響によって歯にダメージを受けてしまう可能性があります。

ただ一般的に18歳以下の方はホワイトニングをしないほうがよいと言われていますが、医院によっては15歳以上なら施術できるところもあるようです。未成年の方がホワイトニングを希望される場合、医院に確認をしてみましょう。またホワイトニングができる年齢の上限は特にありません。

ホワイトニングを受ける場合、歯と歯ぐきが健康であること

歯科医院で受けるホワイトニングは安全性が確立されていますので、お口の中の状態に問題がなければホワイトニングを受けることができます。もし虫歯や歯周病と診断された場合、まず治療を行ってお口の中の環境が整えばホワイトニングを受けることが可能となります。ただ知覚過敏のある方はホワイトニング後に強い痛みが出る恐れがあるため、ホワイトニングは難しいでしょう。

ホワイトニングを受ける際は、ホワイトニングができる年齢かどうかを確認すること、そしてホワイトニングができる状態であるかどうかをきちんと診断してもらうためにも、必ず歯科医院で受けるようにして下さい。

当院のホワイトニングについてはこちら 桑名駅より徒歩5分 星野歯科医院

 

開咬を放置してはいけない理由について

悪い噛み合わせと聞くとすぐ思い浮かぶのは、出っ歯や受け口ではないかと思いますが、実は開咬という噛み合わせがいちばん問題があることをご存じでしょうか。開咬とは、奥歯で噛んだ時に前歯にすき間が生じ、前歯で噛むことができない噛み合わせです。

開咬は「オープンバイト」とも言われますが、そのまま放置しておくと非常に危険だと言われています。では開咬をそのままにしておくとなぜ危険なのでしょうか。

開咬について

開咬とは、奥歯で噛んだ時に上下の前歯の間にすき間がある噛み合わせであり、不正咬合の一種です。

奥歯で噛んだ際に上の前歯が下の歯を2~3ミリ覆っている状態が正しい噛み合わせです。ところが開咬の場合、奥歯で噛んだ時に上の前歯が下の前歯を覆わず、すき間が空いてしまいます。

前歯が噛み合っていないため前歯で食べ物を噛みちぎることはできません。そのため前歯を使って食べることができず、食事の際に食べづらさを感じます。

また話した時に空気が漏れやすく、発音が不明瞭に感じやすくなります。

開咬を放置することで起きるリスクとは?

開咬は一見すると不正咬合に見えないことがあります。特に開咬であるにもかかわらず、歯並びが乱れていないケースでは、噛み合わせに問題があることを見逃してしまう可能性があります。そのため本当ならすぐに治療すべき噛み合わせであるにもかかわらず、そのまま放置されてしまう危険性があります。

では開咬をそのまま放置すると、どのようなリスクが起きるのでしょうか。そのリスクとは、前歯が噛み合わないことにより、奥歯に過度な負担がかかることです。そのため虫歯や歯周病のリスクを引き起こしやすいと言われています。その結果歯を失い、入れ歯などになる可能性が高くなってしまいます。

また奥歯に過度な負担がかかりすぎているため、奥歯に痛みを感じることがあります。またそれだけでなく、将来的に顎関節症にもなる可能性があります。

このようなことから開咬は、不正咬合の中でも最も危険な噛み合わせであると考えられます。

奥歯を削ってはいけない開咬

奥歯が強く当たるのであれば、奥歯を削ればいいのでは?と思うかもしれません。しかし奥歯を削ることでますます開咬が悪化することがあるため、開咬の治療法として奥歯を削ることはありません。歯の当たりを軽くするために奥歯の治療を行うと再治療を繰り返すことになり、最終的に歯を失う可能性があるからです。

開咬は矯正治療で改善が期待できます

開咬を治すためには奥歯を削るのではなく、矯正治療が最も有効です。矯正治療はガタガタの歯並びを治すだけでなく、噛み合わせを整えることを真の目的としています。

開咬を矯正治療で改善するには、主にワイヤー矯正が治療の選択肢となります。またマウスピース矯正でも治療することは可能ですが、重度の開咬のケースではワイヤー矯正で治療を進めるのが一般的です。

矯正治療で開咬を改善することにより、奥歯への負担が軽減されること、また奥歯を削ることなく、歯の寿命を延ばすことができることが期待できます。

開咬は歯並びが悪くなければ気づきにくい症状です。奥歯が痛い、顎関節が痛いといった症状が出ることで初めて気が付くことがありますので、前歯で噛めないという症状がある場合、放置せずに早急に歯科医院に相談してください。

 

当院の矯正治療についてはこちら 桑名駅より徒歩5分 星野歯科医院

 

 

 

タバコを吸っていてもホワイトニングはできるもの?

タバコを吸う習慣のある方は、ご自身の歯の色が気になるものではないでしょうか。「歯を白くするためにホワイトニングをしたいけれど、タバコを吸ってると無理なんじゃないか?」そう思う方もきっといらっしゃるのではないかと思います。ではタバコを吸っているとホワイトニングの意味はなくなってしまうのでしょうか。また喫煙者の方は、お口の中の健康や美に対し、何に気を付けるべきなのかについてお話をいたします。

タバコを吸っていてもホワイトニングはできるのか?

喫煙習慣のある方の歯や歯ぐきは、喫煙特有の色になっています。その特徴として、歯にヤニがべったりとついて茶色い歯になっていること、歯ぐきが黒っぽく変色し、頑なっていることが挙げられます。これらの特徴は、口元の審美性を大きく下げてしまうことになります。

ではホワイトニングで喫煙の影響で汚れた歯を白く綺麗にすることはできるのでしょうか。

答えとしては、喫煙で茶色くなった歯でも白く綺麗に仕上げることはできます。ただいくらホワイトニングをしても、タバコを吸うことですぐに歯が汚れてしまいます。特にホワイトニング後1時間は飲食を控えるのと同じように、タバコも控える必要があります。ホワイトニング後にすぐ一服すると、歯を覆う膜が再生されるときにヤニ汚れも一緒に取り込んでしまい、せっかく白く綺麗にしたことが無意味になってしまいます。

ホワイトニング後1時間はタバコを吸わないこと、またタバコを吸ったあとは口をゆすぐことも、長持ちをさせる秘訣でもあります。

喫煙の最大の影響は歯周病

タバコを吸っていてもホワイトニングを行うことはできますが、喫煙習慣がお口の健康に対し、悪影響を与えてしまうことでホワイトニングにも影響が及んでしまうことがあります。

喫煙は百害あって一利なし、と言われるように、決して良いものではありません。タバコの害=肺がんや食道がんなどが思い浮かぶと思いますが、タバコはお口の健康にも悪影響を及ぼしてしまいます。それが歯周病です。

歯周病は年齢を重ねるごとにそのリスクが増していきます。歯周病かも?と気づくのは、歯ぐきの腫れと出血です。この自覚症状により歯周病と分かるのですが、タバコを吸っているとこのような症状が出にくく、歯周病と気づくきっかけを逃してしまいます。その結果、歯周病が進行し、歯がグラグラになって抜け落ちてしまいます。

このように、喫煙習慣による悪影響は、お口の健康を害する歯周病なのです。

タバコを吸っていてはホワイトニングはできない?

タバコにより茶色くなった歯をきれいにするには、ホワイトニングでももちろん可能です。しかし虫歯や歯周病がある方は、まず優先的に治療を行う必要があります。特に歯周病は自分でも気づきにくいため、ある程度歯周病が進んでしまう可能性があります。ホワイトニングを行う前に、まずは虫歯や歯周病の治療を行うことが基本です。

ホワイトニングを希望する方はまず、お口の中の状態をしっかりとチェックし、虫歯ホワイトニングができる状態かどうかの判断が必要になります。

そのためにも、気軽にできるホワイトニングバーやサロンなどを避け、歯科医師がいる医院での受診をするようにしましょう。またお口の健康と美のためにも禁煙に向けて努力をすることも必要です。

当院のホワイトニングについてはこちら 桑名駅より徒歩5分 星野歯科医院

 

妊娠中や授乳中でもホワイトニングはできる?

女性の人生の中でも最大のイベントとされる妊娠・出産。新たな家族を迎える楽しみとともに、体調管理やお口の中の状態も整えておきたいものです。

また妊娠中や授乳中でも綺麗な姿をキープしたいとお考えの方の中に、ホワイトニングで歯を白くしたい、という方もおられるのではないでしょうか。今回は妊娠中や授乳中でもホワイトニングができるかどうかについてお話をいたします。

妊娠中や授乳中は胎児への影響が心配されます

妊娠中や授乳中は、胎盤や母乳などを通じて赤ちゃんに様々な影響を与えやすい時期です。特に妊娠初期は赤ちゃんの器官形成のためのとても重要な時期であり、レントゲンや投薬なとは基本的に控えられます。

また授乳中も母乳を通じて赤ちゃんに影響を与えやすい時期でもあります。

医院側もこの時期は、痛み止めや抗生物質などリスクを抱えることはできるだけ避けた治療を行います。

ホワイトニングは赤ちゃんに影響しない?

ホワイトニングは、薬剤を使って歯に付いた色素を分解し、歯本来の色よりも白く仕上げます。審美性を重視した施術で、モデルや芸能人のように白く輝く歯に憧れを持つ女性は少なくないでしょう。

しかし妊娠中や授乳中にホワイトニングをしても大丈夫かというと、その安全性は厳密には伝えられおらず、はっきりとした確証がない以上、絶対に赤ちゃんに影響がないとは言えません。

考えられることは、ホワイトニングの薬剤が分解されて体内に取り込まれてしまう「かも」しれないということです。はっきりとわかってない以上、敢えてリスクを冒してまでも妊娠中や授乳中にホワイトニングをしないほうがよいと考えられるのです。

このような安全面を考慮し、ほとんどの医院では妊娠中や授乳中の方のホワイトニングは行っていません。

結婚式などを控えている場合は?

妊娠・授乳中はホワイトニングを控えたほうがいいですが、結婚式などのイベントを控えており、その日に合わせて歯を白くしたい場合はどうすればよいでしょうか。

歯のクリーニングを受ける

結婚式を控えている最中に妊娠がわかったり、授乳中に結婚式を挙げる方も当然いらっしゃると思います。晴れの日に真っ白で美しい歯で記念すべき日を迎えることは、一生の思い出になることでしょう。

そんな晴れの日に向けて歯を白くしたい場合、まずは歯のクリーニングを受けられることをお勧めします。歯のクリーニングは着色汚れを落とし、歯本来の白さを取り戻すことができるうえ、お腹の中の赤ちゃんや授乳中の赤ちゃんにも影響はまずありません。お口の健康維持にも大きな役割を持っており、一石二鳥でもあります。

歯のマニキュアを使う

市販の歯のマニキュアを使って歯の表面を白くコーティングする方法があります。手軽に使用できるうえ、安全性も特に問題はないと言われており、結婚式などのイベントに合わせて手軽に白い歯を手に入れることができます。

ホワイトニングは授乳を離れてからがベスト

妊娠・授乳中のホワイトニングについてお話を致しました。安全面を考慮し、妊娠中や授乳中はホワイトニングを控えておきましょう。授乳を離れてからご自身へのご褒美としてホワイトニングを行うと、お口の中の美しさを維持することができますので、できる時期が来るまで待っておきましょう。

 

当院のホワイトニングについてはこちら 桑名駅より徒歩5分 星野歯科医院

スポーツ選手の歯並びが良い理由

常に最高の力を出し切り、私たちに感動を与えてくれるスポーツ選手やアスリート。いざというときに一瞬の力を必要とするスポーツ選手のほとんどが、歯並びがとても良いことを知っていますか?

最高の結果を得るために欠かすことのできないのは体力づくりのほかに、歯並びが大きく関係してきます。ではスポーツ選手の歯並びが良いのはなぜでしょうか。

お口の健康に常に気を遣っているスポーツ選手

スポーツ選手やアスリートは常日頃からお口の中の健康に気を遣っており、毎食後の歯磨きはもちろん、定期的なメンテナンスに欠かさず通っていると言われています。有名なお話では、元野球選手のイチロー氏が、一日5回歯磨きを行っており、メンテナンスにもきちんと通っていた、というものがあります。

良い結果を出すために、スポーツ選手は日々お口の中のケアを念入りに行っているということがよく分かると思います。

歯並びや噛み合わせの良さは結果に表れる?

日々の丁寧なケアに加え、数々の結果を残しているアスリートのほとんどは、歯列の整った綺麗な歯並びをしていることをご存じでしょうか。

歯列の整った歯並びというのは、噛み合わせも整っているということになります。スポーツ選手は、一瞬の力を必要とする場面が数多くあり、ぐっと噛み締めることで力を発揮することができます。

ところが歯並びが乱れていたり、不正咬合が見られる場合、パフォーマンスに影響が出てしまう可能性があると言われています。

1.力が入らない

歯並びや噛み合わせが乱れていると一瞬の力が入りにくいと言われています。

2.体のバランスが悪くなる

噛み合わせが整っていると体の歪みがなく、真っすぐに立つことができます。しかし噛み合わせがあっていないと体のバランスが悪くなります。

3.肩こり、頭痛などの不定愁訴の原因となる

噛み合わせが合っていないと肩こりや頭痛など不快症状を招くと言われています。肩こりや頭痛に悩む方は、もしかすると噛み合わせに原因があるのかもしれません。

4.消化不良を起こしやすい

特に受け口や開咬などの不正咬合は奥歯でしっかりと噛むことが難しいため、食べたものがしっかりとすり潰されていないまま消化器官に送られます。その結果消化不良を起こしてしまいやすくなります。

その他にも顎関節症や虫歯、歯周病リスクを抱えやすくなる、免疫力の低下を招きやすくなるなどスポーツ選手として良い結果を出しにくくなってしまいます。

パフォーマンス向上のための矯正治療

スポーツ選手の全てが最初から良い歯並びだったわけではないと思います。しかし見た目だけでなく、噛み合わせを改善することで様々なメリットを生み出し、良い結果を導きやすくなるのではないでしょうか。

ガタガタの歯並びや噛み合わせの悪さを矯正治療によって改善することでパフォ-マンスの向上力に繋がりやすくなります。

スポーツを楽しむ方、将来プロのスポーツ選手になりたい方だけでなく、歯並びが悪い方は、矯正治療をすることでこれだけのメリットが得られるということをご理解いただけるのではないかと思います。

 

当院の矯正治療についてはこちら 桑名駅より徒歩5分 星野歯科医院

矯正治療中に虫歯ができてしまったらどうする?

矯正治療を行っている間は虫歯のリスクが高まりやすい状態で過ごすことになります。矯正治療中は装置が入っていることや口腔内の状態によって、治療中に虫歯ができてしまうことがあります。

また歯が動くことによって、隠れていた虫歯が発見されることもあります。では矯正治療中に虫歯が見つかった場合、虫歯治療は行うのでしょうか。

矯正治療中にできやすい虫歯

矯正治療中に虫歯ができやすいのは、装置が付いていることで歯磨きがしにくいことがまず大きな原因として挙げられます。ワイヤー矯正は原則として治療が終わるまで装置を外すことがありません。そのため装置が付いたまま歯磨きを行いますが、ワイヤーが通っていることやブラケット周囲の汚れが取り除きにくいことから、汚れが残りやすくなってしまいます。

そのため磨き残しにより虫歯ができてしまうことがあります。

マウスピース矯正はマウスピースを外して歯磨きを行うため、ワイヤー矯正より口腔管理が行いやすいのが特徴です。ですが歯磨きが不十分なままマウスピースをはめて長時間過ごすと、虫歯ができてしまう可能性があります。

このように、矯正治療中は常に虫歯ができやすい環境にあると言えます。

隠れていた虫歯が見えてくることがあります

いっぽう、矯正治療を開始してしばらくすると虫歯が発見されることもしばしばあります。これは矯正装置をつけて歯が動き始めたことで、歯と歯の間に既にできていた虫歯が発見されたということです。

歯と歯が重なってデコボコの歯並びの場合、歯磨きがしにくいため虫歯リスクが非常に高くなり、歯並びの悪さが原因で既に虫歯ができてしまっていたことが考えられます。奥歯など噛み合わせの面の虫歯は比較的わかりやすいですが、歯と歯の間にできている虫歯は発見しにくく、歯が動き始めたことで発見されることは珍しくありません。

矯正治療中に見つかった虫歯は治療する?

基本的に、矯正治療中にできた虫歯や歯が動いたことによって見つかった虫歯は治療を行います。多くは小さな虫歯で、虫歯部分を削ってレジンで埋めて修復します。また虫歯の一歩手前の脱灰状態の場合は治療をせず、フッ素塗布を行うなど削らずに様子を見ることもあります。

ただ痛みを伴っている場合、神経近くまで虫歯が進行している可能性があります。また神経まで到達している場合、根管治療を行うこともあります。この状態になると、装置を外して虫歯治療を優先し、虫歯治療を終えてから矯正治療を再開することがほとんどです。

矯正治療中は口腔内管理をしっかりと行いましょう

矯正治療中は矯正装置を付けて長期間過ごします。そのためお口の中の衛生管理がとても大切になります。既にできていた虫歯だけでなく、矯正治療中に新たに虫歯ができると、矯正治療の進み具合にも影響が出ることがありますので、矯正治療中は特にお口の中の衛生管理をしっかりと行いましょう。

 

当院の矯正治療についてはこちら 桑名駅より徒歩5分 星野歯科医院