• HOME
  • インプラントについて

インプラントについて

もう一度なんでも食べたい、きれいに笑いたいという方へ

インプラントは、歯周病や外傷などにより歯を失ってしまった場合に有効な処置です。
失ってしまった自分の歯の代わりに人工の歯根を顎の骨に埋め入れ、その上に人工の歯を取り付ける方法で行います。
このインプラント治療は、固定性であるためぐらぐらしたりせず、自分の歯のように噛む力が回復します。見た目も自分の歯に近くなります。
失った歯の修復方法として、従来はブリッジ、取り外し式の部分入れ歯、総入れ歯が利用されてきました。
しかしこうした代用物をお口の中に確実に固定させるためには、隣の健康な歯を削り利用しなければならないといった問題がありました。その点、インプラント治療では隣の歯を利用することはないので、健康な歯を削ることはありませんし、天然の歯の状態に一番近い状態で治療ができますので他の歯に負担をかける心配がありません。

歯の構造

《 最先端のインプラント治療 》
星野歯科医院ではインプラント治療について全国有数のインプラント施設である医療法人スワン会と医療連携をしております。当院でスワン会のインプラント専門の歯科医師たちによる最先端のインプラント手術をお受け頂けます。


《 インプラントのオペの様子 》

失なわれた歯の修復法 インプラント・ブリッジ・部分入れ歯の違い

種別 方法 利点 欠点
インプラント
インプラント画像
歯槽骨(顎の骨)に穴をあけ、そこに人工歯根を埋め込み、その上に人工歯をかぶせる ・見た目がきれい
・健康な歯と同じように噛める
・入れ歯のような違和感がない
・隣の歯を削らなくてもよい
・手術が必要
・治療期間が比較的長くかかる
・保険がきかないので全額自己負担になる
ブリッジブリッジ画像 失った歯の両隣の歯を削り、そこに橋を架けるように人工の歯を作る ・固定式なので違和感があまりない ・両隣の歯を削らなくてはならない。
・その両隣りの歯も負担により将来的に失う場合がある
部分入れ歯 歯を失った部分に合う人工の歯と、ピンクの床を作り、それ自体を金属のバネで残っている自分の歯に引っ掛ける(バネなしの入れ歯もあります) ・欠損部分が大きい場合に有効
・隣の歯を削らなくてもよい
・バネによる隣の歯への負担が大きいため、将来的にその歯を失う場合がある
・取り外して手入れをする必要がある

治療方法について

手術一回式の場合

ステップ1
問診・口腔内検診後、レントゲン・CT撮影による十分な審査、診断を行います。
(※ CT撮影は提携医療機関*山本総合病院での撮影となります。)
ステップ2
ネジの付いたインプラントを局所麻酔で顎の骨の中に埋め込みます(治癒期間:6~12週間)
ステップ3
しっかりと骨との結合が確認されたら上部構造を作っていきます
ステップ4
インプラントのヘッドをつけて型をとります(約1週間)
ステップ5
歯を装着します
ステップ6
毎日の念入りなはみがきホームケアと定期検診

治療費[すべて税抜きの金額です]

診断料(CT撮影料含みます) 30,000円 〔埋入するインプラントの本数に関係ありません〕
かぶせ物を含まない料金 1本につき 250,000円~

※かぶせ物の料金はこちらをご覧ください

クレジットカード
1万円以上の保険外治療には各種クレジットカードがご利用いただけます。(一部カードを除く)